いつも暮らしの真ん中に 梅本の里 福祉施設

梅本の里の日々の約束

私たち「梅本の里」は次の約束をもって日々の運営を行うことを誓います。

  • 「梅本の里」はスタッフ第一主義とし、スタッフはご利用者様・ご家族様第一主義とします。
  • 新事業、新サービスを時代の変化に合わせ、時には先取りして開発をします。
  • 独自性のある事業、取り組みを地域住民の視点で開発し、更に深く掘り下げます。
  • 「梅本の里」は地域のためになるか、スタッフが誇りを持てる仕事かどうかを全て判断の基準とし、儲かるか否かで判断はしません。

ご利用者様・ご家族様第一主義とは

  • スタッフ一人ひとりが使命と経営理念に共感し、ご利用者様・ご家族様から感動して頂ける、感謝して頂ける仕事をします。
  • 働いているスタッフの姿が最高の商品(サービス)となるように、それぞれの仕事の専門性と技術を磨き、能力を高めると共に、お互いを支え合い尊敬しあうことのできる関係づくりに努めます。
  • ご利用者様・ご家族様の希望を理解し、期待の一歩先を行くサービスを行えるよう提案力を身につけます。
  • ご利用者様・ご家族様のためによいと思うことは「すぐやる」。もっと良い方法が見つかったら「すぐ変更する」。間違えたと思ったら「すぐ止める」を徹底します。

スタッフ第一主義とは

  • 『ご利用者様・ご家族者様第一主義』実現のために、スタッフが日々の現場でのびのび、いきいきと最大限能力を発揮して働けるような環境づくりを行います。
  • スタッフが一生幸せに働ける組織をつくり、自らの仕事に誇りを持って臨めるように努力します。
  • 人事や評価は日々の業務の中での技量・能力が基本です。年齢や学歴、勤続年数で判断はしません。
  • 失敗は成功へのステップと位置づけ、何度でもチャレンジできる仕組みや社風をつくります。
  • 出処進退は自ら判断を尊重し、「梅本の里」の都合によるリストラは行いません。

良い社風をつくるための環境整備

  • 環境整備とは、職場の整理整頓、業務改善を行うことです。
  • 整理整頓とは、定置管理、定量在庫、ゴミや汚れ・悪臭のない環境を作ることです。
  • 業務改善とは、成果を高める効率化、満足度を高める接遇、安全と快適を追求するケアのことです。
  • 笑顔、挨拶、感謝の3つの文化をひろめ、礼を正し、場を清め、時を守ることを基本とします。
  • 環境整備は訓練であり、訓練することによって習慣として身につき、人間性が高まります。
  • 凡事徹底こそ最高の差別化。当たり前のことを当たり前にします。