いつも暮らしの真ん中に 梅本の里 福祉施設

デイサービスセンター 梅本の里

私たちが大切にしていること

美味しいご飯をみんなで食べて、

お腹もココロも満腹に

デイサービス梅本の里 所長
佐伯 誠治(介護福祉士・介護支援専門員)

 デイサービス梅本の里では利用者のみなさんに「美味しい食事を楽しくとって頂くこと」を大切にしています。当たり前のことですが、私たちは食事を通して、栄養を体に取り入れることで生命をつなげることができています。しかし栄養が足りていればいいのか?というと、それだけではないと私たちは考えています。
 「今日のメニューは何かな?」「旬のお野菜が美味しいなぁ」「温かいお汁で体が温まったよ」そんな声を利用者さんから聞くと私たちはとても嬉しい気持ちになります。そんな声をたくさん聞きたくて、デイサービス梅本の里では季節の食材を中心に、できるだけ地域でとれた自然の素材を使い、手間をおしまず出汁にこだわった食事づくりを心がけています。
 コロナウイルスによって自由に集まることが難しい時ですが、デイサービスに行く!というよりも、仲良しのお友だちとランチに行く! そんなワクワクした気持ちでみなさんに集まってもらえるような、そんなデイサービスに育てて行きたいと思っています。どうぞよろしくおねがいします。

設備・機能

清潔で広々としたお風呂も人気です。
静養室、疲れたり体調が悪くなった時ために。

スナップショット ※写真をクリック(タップ)しますと拡大画像が表示されます。

お年寄りのご自宅まで送迎車でお迎えに行きます。
毎日約30人のお年寄りがデイサービスに集まります。
まずは血圧測定から「今日は体調いかがですか?」
ランチはバイキング、お好きなものをみんなで美味しく。
「お味がいいね」と褒めてもらってます。
施設の一角にあるカウンターで食事、話もはずみます。