いつも暮らしの真ん中に 梅本の里 福祉施設

理念

梅本の里の理念

高齢者の自立を支えるための豊かな生活環境づくりと
地域社会とのネットワークの創造

私たちの目標

  1. 私たちは、施設の特性を生かし、お年寄りの自立したその人らしさを大切に生きがいと安全を守ります。
  2. 私たちは、地域の方々と共に開かれた施設創りを目指します。
  3. 私たちは、お年寄りのために心地良い清潔な生活環境を目指します。
  4. 私たちは、お年寄りと笑顔で心が通じ合う介護を目指します。
  5. 私たちは、お年寄りと笑顔で心が通じ合う介護を目指します。

基本方針

  1. 利用者に対して
    個別性と自立性尊重の原則に立って、一人ひとりの生き方を大事にするとともに、その主体性と自立を支える。
  2. 家族と友人などに対して
    生活の継続性の原則に立って、可能な限り入所前の生活のリズムを尊重し、あわせて家族、友人などの参加とつながりを進める。
  3. 地域社会に対して
    地域主義の原則に立って、利用者の地域参加、在宅高齢者に対するサービス提供、ボランティアの導入など、地域社会とのつながりを図る。
  4. 関係機関などに対して
    パートナーシップの原則に立って、行政機関、医療・福祉団体、関連福祉施設などの協調と連携を密にする。

運営方針

  1. 利用者本位
    利用者の立場に立ち、地域に開かれた質の高いホームづくりを目指す。
  2. 自立と自己実現
    利用者の自立と自己実現を図り、そこから学ぶ姿勢を大事にする。
  3. 運営の総合性と効率性
    施設の持つ各機能の総合性と効率化を図り、チームワークによって、きめの細かいサービスが展開できるよう努める。
  4. 専門的機能の活用
    施設の持つ、施設的専門機能を向上・充実させるとともに、それを活用することによって地域の福祉に寄与する。
  5. 運営参加
    行政や福祉関係者はもとより、利用者、家族、後援会、地域ボランティアなどの参加によって、開かれた施設運営を目指す。
  6. 職員の資質向上
    研修会などの機会、自己研鑽を通じ職員の資質向上を図る。